マングースブランド成り立ちの逸話が面白い!自転車界の必見トリビア

マングースブランド成り立ちの逸話が面白い!自転車界の必見トリビア


1970年代の初め、モーターサイクルの映画を見たカリフォルニアの子供達が映画を真似て自転車を乗っていました。自転車を壊しながら乗る子供達を見たスキップヘスが、この遊びをBMXと名付け、専用ホイールを作って会社を設立。これがマングースブランドの前身です。

mtb(マウンテンバイク)登場でタフに!

道を選ばずに走るマウンテンバイクの魅力!

マングースブランドは80年代に入るとmtb(マウンテンバイック)の製品開発にも入りました。リアサスペンションというフレームを世界で初めて量産し、転倒したりタイヤがパンクしたりというハプニングも含めた楽しみを提案しました。マウンテンバイクの魅力は単に自転車を便利な移動手段として考えるのでは無く、自転車で遊ぶというのが真骨頂。山道やデコボコ道など、路を選ばずに走るタフな自転車である事が一番の魅力です。

失敗しないマウンテンバイクの選び方とは?

マウンテンバイク選びで失敗しないためには次の3つを意識しましょう。それはホイールサイズ、サスペンション、ブレーキの3つです。ホイールサイズはスピード感を重視する人は29インチホイールがオススメ。ハンドリングの操作性を重視したい人は650Bがオススメです。サスペンションは衝撃を吸収するだけでなく、タイヤが地面から浮かないように補助してくれる役目もあるため、重要です。しっかりしたサスペンションが搭載された自転車選びが重要です。ブレーキはディスクブレーキおすすめ。少ない力でしっかりと制御してくれますよ。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2016年5月26日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。
ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

1 コメント - "マングースブランド成り立ちの逸話が面白い!自転車界の必見トリビア"

avatar
並び替え:   新しい順 | 古い順 | 最も評価の多い
ruby

タイトル見て「どうゆうこと⁉︎」と思った

wpDiscuz