カゴ付きクロスバイクで通勤通学も快適!おすすめカゴ5選+カゴ付き自転車3選

カゴ付きクロスバイクで通勤通学も快適!おすすめカゴ5選+カゴ付き自転車3選


ここ数年の自転車ブームに伴って、自転車通勤や自転車通学をする人が急上昇しています!通勤や通学に便利なのは、やはりカゴ付きのママチャリかと思いますが、最近ではクロスバイクにカゴを付けて使用している人も多く見られるようになりました。中距離以上の走行なら、やっぱりスポーツバイクが走りやすいですからね!「でも、クロスバイクにどうやってカゴを取り付けたらいいの!?」と言う方のために、今回はクロスバイク用のカゴについてご紹介していきます。

カゴ付き自転車のメリット

A Basket Between Bikes
クロスバイクは、その軽量かつ走りやすさが重視されているため、前カゴを付けるとその分ボディが重くなり、敬遠されるサイクリストも多くいらっしゃいます。だから、クロスバイクにカゴは標準装備されていないという訳です!

しかし、用途に応じてのカスタムは可能です。前記したのは走りを目的とした例ですが、通勤・通学を目的にクロスバイクの購入を考えている場合、カゴは必要不可欠ですよね?リュックという選択肢もありますが、それだとリュック以外のバッグが持てないことになりますし、何か荷物が出たときに困ることになります。

Cycling with basket
カゴを付けておけば、日常的な買い物などでも使用することができますよね。つまり、本格的な走りをする人にはカゴは向きませんが、日常使いや通勤・通学などで使用する場合はカゴが付いていた方が便利!という結論になります。

それでは、実際にどんなカゴがあるのか見てみましょう!実にさまざまな種類のものがあるので、自分の用途や好みに合わせて選ぶと良いですね。

おすすめのカゴはこれ!

軽量でワンタッチ着脱が可能なタイプ。専用の金具でハンドルへ固定するタイプなので、取り外しが簡単です。見た目もシンプルなので、どんな用途にもお使い頂けるかと思います。ただ、着脱が簡単というメリットがある反面、耐重量は2kgなので、重いものには対応していないというデメリットがあります。

ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz