しまなみ海道のサイクリングをもっと楽しく!おすすめの宿泊施設5選

しまなみ海道のサイクリングをもっと楽しく!おすすめの宿泊施設5選


しまなみ海道は、日本初の長距離自転車道で『サイクリストの聖地』とも言われています。広島県・尾道を出発点に、愛媛県・今治まで全長約70kmもの距離を自転車で横断することができる自動車道なのです!広大な瀬戸内海を眺めながらのサイクリングスポットと言うこともあり、サイクリスト達から絶大な人気を集めています。今回は、そんな『しまなみ海道』に点在する宿泊施設について、サービス内容やおすすめポイントなどをご紹介していきたいと思います。

『しまなみ自転車旅の宿』とは?

全長70kmでは、1日で走りきるのは難しいですよね。そんなサイクリストが多く訪れる地域だからこそ、サイクリストたちの目線に立ったサービス内容の宿が自転車道各所に充実しています。それらの宿泊施設を総称して『しまなみ自転車旅の宿』と言われています。自転車旅をサポートするべく、各宿それぞれが、さまざまなサービスを提供してくれるので、サイクリストたちには欠かせない休息ポイントと言うことになりますね。

サイクリストにおすすめする理由はここ!

では、サイクリストにおすすめする理由をご紹介していきたいと思います。通常の宿では有り得ない、しまなみ海道ならではのサービス内容が満載ですので、知らない方はびっくりすること間違いなしですよ!

自転車の保管場所がある!

しまなみ海道の各宿には、それぞれきちんと自転車を保管できる設備が整っているのです!宿によって保管場所はさまざまですが、レーン付きの駐輪場完備だったり、ロビーの中に保管することができたり…中には、自転車を部屋まで持ち込みOKな宿まであるのです!これは、サイクリストには嬉しいサービスであることは間違いありませんよね。

+ コメントがありません