自転車の新しい旅スタイル。飛行機輪行でアクティブな休暇に挑戦!

自転車の新しい旅スタイル。飛行機輪行でアクティブな休暇に挑戦!


輪行(りんこう)。あまり聞きなれない言葉ですね。これは、公共交通機関を使って自転車を運ぶことです。
飛行機で自転車を運ぶとなるといろいろと面倒そうですが、やってみたら意外と楽ちん。今度の休暇は、自分の愛車で観光地や行楽地を颯爽と走ってみませんか?

自転車を飛行機で輸送する飛行機輪行

飛行機輪行に必要なものは?

自転車はそのまま飛行機に乗せて運ぶわけにはいきません。輪行袋という専用の袋に入れる必要があります。この輪行袋、用途や目的によって実にさまざまな種類があります。小さくたたんだらポケットに入るコンパクトなものから、重くて大きいものまで。コンパクトなものは素材も薄いので、飛行機輪行には向きません。

輪行の計画を立てるとき、自転車での移動で輪行袋を運ぶような時は携帯しやすいもの、拠点を決めて輪行袋を宿泊先に預けることができるような場合は重いけれど丈夫なものといった具合に、輪行袋の大きさ、厚さ、重さを決めましょう。なお、海外に行く場合は輪行用のハードケースがおススメです。

いざ、自転車を輪行袋にいれてみる

自転車を輪行袋に入れるには、自転車の分解が必要です。自転車の分解というと難しそうですね。自転車の種類によって分解の方法はいろいろ。馴染みの自転車屋さんに輪行のこと、自転車の分解の方法などをを尋ねてみるときっと親切に教えてくれるはず。近くにそういう自転車屋さんが見つからない場合はネットで調べてみても。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2016年5月2日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。

+ コメントがありません