初心者脱出!おすすめのロードバイク練習方法をイチから徹底解説

初心者脱出!おすすめのロードバイク練習方法をイチから徹底解説


自転車の魅力は数えきれないほど多くありますが、その内の一つとして「機材の優劣が速さを決定するわけではない」、つまり「エンジン(=人間)」さえ優れていれば、3万円の自転車でも100万円以上の自転車に勝利することは可能です!今回はそんな「下克上」を実現させるために必要な要素を、初心者の方向けにわかりやすく紹介していきます。

初心者脱出のために必要なことは

一般的には「30km/h巡航」ができるようになったら初心者脱出と言われています。簡単そうに感じる人もいるかもしれませんが、「一瞬」ではなく「一時間」を時速30kmで走り続けるというのは意外と難しいです。そこで、まずはこの「30km/h巡航」を達成するために最低限必要な要素について紹介していきます。

最低限必要なアクセサリー

ロードバイクで最低限必要となってくるアクセサリーは「サイクルコンピュータ(通称サイコン)」です。加えてサイコンに「回転数(ケイデンス)」の表示機能があることは必須です。ロードバイクでは疲労を溜めないように比較的回転数が高め(一般的には80~90rpmが理想と言われています)で巡航するため、自分のペースを管理するためにも、この機能が最も重要となってきます。

最初の一歩、適切なポジションを

初心者の方は完成済みのロードバイクを買うことが多いと思いますが、そのようなロードバイクは身体にフィットしていない可能性が非常に高いです。「ポジション」というのは、サドルの高さだけではなく、フレームの大きさや、ステムの長さ、クランクの長さ等のさまざまな要素を含めたものを指しています。誤ったポジションのままロードバイクに乗っていると非常に危険な上に、身体に悪影響をおよぼす可能性まであります。そこでパーツの交換が必要になってくるのですが、最初は自分に最適なパーツを知るためにシマノの「bike fitting」サービスを利用するのが良いでしょう。

SHIMANO bikefitting

練習場所と練習方法は?

では具体的にどのような練習をすれば良いのでしょうか?ロードバイクのトレーニング方法に関しては様々な書籍が出版されているため迷うことはないかもしれませんが、ここでは「あえて」私流のトレーニング方法をご紹介します。それは「使う筋肉や効率のよい走りについて研究・考察してみること」「とにかく乗りまくって車体を身体に馴染ませること」です。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2016年5月5日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。
ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz