クロスバイクのおすすめタイヤを一挙紹介!最適なタイヤをみつけよう

クロスバイクのおすすめタイヤを一挙紹介!最適なタイヤをみつけよう


皆さんはタイヤに関して、どの位関心を持っていますか?もしかしたら、「買ったままで一度も交換していない!」という人もいるかもしれません。タイヤは自転車を構成するパーツの中でも、ホイールと並んで最も重要といえるパーツです。「でもサイズとか意味がわからない!」という人のために、今回はクロスバイクに適しているタイヤサイズと、そのサイズの特徴について紹介していきます!

クロスバイクに合うタイヤサイズは?

クロスバイクはロードバイクMTBのように何かに「特化」しているわけではないので、用途によってタイヤの太さを選択することができます。今回紹介するクロスバイクにオススメのタイヤサイズは「25c(or23c)」「28c」「32c」の三種類です。この三種類はそれぞれ特徴がハッキリしているため、きっと自分の用途に合ったサイズが見つかることでしょう。

サイズ別に用途を徹底解説!

では、タイヤ別の特徴について紹介していきます!今回紹介する三種類のタイヤを大きく用途別にわけてしまうと、25c(or23c)が「レースや完全オンロード用」。28cが「オンロードもオフロードもバランスよくこなせ、耐久性も高いため街乗りに最適なサイズ」、32cは「林道などのオフロードをよく走る人向け」といった特徴を持っています。

25c(or23c)はスピード重視

このサイズは基本的にロード向けのサイズのため、スピードも出やすく軽量なタイヤが多いです。プロでも25cを履くことは多く、ハイスピードレンジや石畳での安定感が23cとは段違いです。23cのタイヤはレスポンスが良すぎるため、初心者の方にはあまりオススメできません。またこのサイズの難点として、太いタイヤと比べるとパンクの発生率は高めです。そのため、週末だけロングライドに出かけるという人にオススメのサイズです。

28cは街乗りに最適!

クロスバイクの特性上、このサイズは最もオススメです!高い耐久性とスピードが高次元で実現されており、街乗りにおける王道のサイズです。25cでなくとも、しっかりペダリングができていれば28cを履いたクロスバイクでも問題なく30km/h巡航することができます。その上耐久性も高く、滅多なことではパンクが起きません。また、25cのタイヤのようにこまめに空気圧をチェックしなくても良いので、メンテナンスもかなり楽です。クロスバイクのタイヤ選びに迷っているという人はこのサイズを購入すれば間違いなし!

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2016年4月28日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。

2コメント

+ コメントを残す