クロスバイクのギアをメンテナンス!大切なクロスバイクをより良く

クロスバイクのギアをメンテナンス!大切なクロスバイクをより良く


みなさんはなんの自転車にお乗りですか?ママチャリロードバイククロスバイクなどさまざまな種類がある自転車です。その中でもギアが付いている自転車に乗っている方もおられると思います。ギアのメンテナンスをされた事ない方も多いのではないでしょうか。今回はギアのメンテナンスについてご紹介したいと思います。

知っておきたいメンテナンス

面倒だけどチェーン

チェーンの掃除って汚れるしなんだか大変そうで、あまりされる事無いと思います。でも自転車を長く大切に使う上でとても重要な事です。まずスタンドを使って自転車を立たせます。ホイールやフレーム、床などを汚れないように新聞紙を敷くなどしましょう。手が汚れるので軍手などをして、クリーナーを噴射して汚れを落としつつ、ウエスでしっかりと水気を拭き取ります。オイルをコマとコマの間のリンク部1つ1つ丁寧に注油します。あとはギアを変速してオイルを行き渡らせて、余分なオイルを拭き取り、30分ほど馴染ませればオーケーです。

詳しくはこちら

取り外してスプロケットも

スプロケットとはリアホイールに取り付けられていてるもので、シフトチェンジの8割を占める、大切な部品です。これが汚れていたり滑りが悪いと、結果的にチェーンの汚れなどにもつながるので、メンテナンスする事をおすすめします。方法は簡単でホイールを外してスプロケットの段と段の間に乾いた布を差し込みます。あとはゴシゴシして汚れを拭き取るだけです。チェーンが汚れていると結果的にまた汚れてしまうので、チェーンのメンテナンスと同時に行うのがいいかもしれません。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2016年4月20日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。

+ コメントがありません