自転車で腹筋が鍛えられる?ダイエットにもつながる自転車の乗り方

自転車で腹筋が鍛えられる?ダイエットにもつながる自転車の乗り方


みなさんは自転車の乗り方に気を使ったことありますか?実は乗り方次第で使っている筋肉が違ってきます。さらに乗り方を工夫すれば、筋トレにもなるし、ダイエットにもなるんです。せっかく乗るのなら効果的な乗り方で自転車を運転したいですよね。今回はそんなん自転車の乗り方でダイエットや使っている筋肉についてご紹介していきたいと思います。

鍛える筋肉の違い

負荷をかけて下半身

自転車は足で漕ぐ物なので、下半身の筋肉は常に使っている事になります。そんな下半身の筋肉、実際にどの筋肉を使っているのでしょうか。詳しく説明すると、大体四頭筋、ハムストリング、大殿筋、下腿三頭筋などです。わかりやすく言うと、太ももの前面、太ももの後ろ側、お尻、ふくらはぎでお尻から足首までの筋肉全体です。この筋肉を鍛える時は筋トレの要領で、負荷をかけて筋肉を使っている事を、意識して運転しましょう。

正しい姿勢で上半身

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2016年4月17日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。
ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz