漫画ならオーバードライブがおすすめ。自転車の学園ドラマが熱い!

漫画ならオーバードライブがおすすめ。自転車の学園ドラマが熱い!


最近は自転車のアニメや漫画が流行っているようです。昔の自転車アニメや漫画でおすすめのものはないかなと探している人はいませんか?それなら安田剛士さんのオーバードライブがおすすめです。学園ものの話ですが劇画タッチの絵で、迫力あるレース展開が描かれ引きこまれます。登場人物とあらすじをご紹介します。

オーバードライブってどんな漫画?あらすじは?

オーバードライブは、2005年~2008年まで少年マガジンに連載されていた、自転車漫画です。コミックスは17巻まで出ています。また、アニメ化もされて2007年4月~9月にテレビ東京系列で放送されていました。自転車に乗れない主人公が、ちょっと気になる女の子から自転車部に誘われたことから始まる、青春マンガです。

作者

作者は安田剛士さんです。このオーバードライブで週刊少年マガジン新人漫画賞入選して漫画家デビューしました。その後、佐藤多佳子原作の「一瞬の風になれ」という駅伝の物語を漫画化しています。また、「振り向くな君は」や「DAYS」といったサッカー漫画も描いています。ですから、サッカーが好きな漫画家さんというイメージも強い人も多いかもしれません。ご本人が自転車好きかどうかはわかりませんが、少年マガジンの企画で、Mt.富士ヒルクライムに挑戦されています。

あらすじ

いつもパシリ扱いされていて、さえない男子、篠崎ミコトは高校の同級生深澤ユキに恋をします。その深澤さんから「自転車部にはいらない」と誘われるものの、実は自転車に乗れない篠崎ミコト。しかし、ある一件からいきなり自転車に乗れるようになった篠崎ミコトは自転車の魅力に惹かれていきます。そして、トレーニングを重ね、大和武というライバルもあり桜ヶ丘ロードレース大会に出れるまでになる。初レースでは山岳賞を獲り、レースにのめり込んでいく。

アニメはいつやっていたの?

オーバードライブのアニメは2007年4月~9月にかけてテレビ東京の深夜枠での放映でした。毎週火曜日の25時30分から放送されていました。監督は加戸誉夫さんです。オープニング曲は少年カミカゼの「WINDER~ボクハココニイル~」が使われていました。

ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz