クロスバイクの姿勢を一から分析! 正しいポジション、乗り方とは

クロスバイクの姿勢を一から分析! 正しいポジション、乗り方とは


はりきってクロスバイクを買ったはいいけれど、よく見るあの「前傾姿勢」、どこまで上体を倒せば正解なの? と、姿勢について悩んでいるビギナーはいませんか。クロスバイクはロードバイクとは違い、それほど極端に前傾姿勢をとるような構造にはなっていません。とはいえシティサイクルのようにハンドルが高く背筋を伸ばして乗る構造でもないわけですから、どこまで上体を倒していいのやら悩むところ。

ここではクロスバイクの理想的なポジションや姿勢についてご紹介していきます。

クロスバイクのポジション

まずはサイズを確認!

クロスバイクに正しい姿勢で乗るには、クロスバイクが体に合ったサイズであることが大切です。体に合わないクロスバイクでは快適な走行以前に、正しい姿勢で乗ることも難しくなりますので、購入時にきちんとサイズ合わせを行って選ぶようにします。サドルを降りてまたがった状態で、股下とクロスバイクの間が10cm程度空くのがベストサイズです。サドルに腰かけた状態では、つま先が地面にぎりぎり着くくらいと考えてください。

サドルとハンドルの位置は?

つま先がぎりぎり着くくらいにサドルの高さを合わせたら、サドルの前後の位置決めも重要です。これは少々調整が面倒なので、サイクル店に相談することをおすすめします。サドルの位置が自分の体に合っていれば、走行感は快適なものとなりますので面倒がらずに最初に試行錯誤してみてください。

サドルの位置が決まったら、ハンドルの高さは自分のスキルに合わせて調整します。最初に一番低くして乗ってみて、体のどこかに負担がかかるようなら少しづつ高くしていきましょう。クロスバイクのフラットハンドルの場合、ポジション調整の幅はそれほど広くはありません。乗りこなすうちに自分にあった位置がわかってきます。

ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

1 コメント - "クロスバイクの姿勢を一から分析! 正しいポジション、乗り方とは"

avatar
並び替え:   新しい順 | 古い順 | 最も評価の多い
渡辺

ツイートを適当に入れただけの記事で実体のない記事ですね。こんな記事が検索上位にあることが残念です。ちゃんと調べて記事書いてください

wpDiscuz