ロードバイクのチューブレス化!知っておきたい基本知識とパンク修理

ロードバイクのチューブレス化!知っておきたい基本知識とパンク修理


みなさんの中でロードバイクにお乗りの方はどれくらいいるでしょうか?お乗りの方の中には今までにホイール交換や、タイヤのチューブレス化をした方もおられるかもしれません。ロードバイクを持っているけどカスタマイズした事の無い方や、ロードバイクのご購入をお考えの方にも分かりやすくホイールの種類やチューブレス化、おすすめのホイールなどをお伝えします。

ホイールの種類

クリンチャー

ロードバイクを完成品で購入した際に使用されているホイールはクリンチャーホイールがほとんどです。現在の主流ホイールで種類も豊富です。クリンチャータイヤはタイヤの中にチューブが入っているのが特徴です。チューブとタイヤは分離しているので、パンクしてもチューブの修理・交換だけで済む事もあります。

チューブレス

簡単に言えば普通の自転車と同じ構造で、チューブを使わないホイールです。タイヤの種類もそこまで豊富ではなく、ホイールへの装着がかなり大変なのでコストはかなりかかるかもしれません。チューブレスタイヤはタイヤの中にチューブがありません。なのでリム打ちパンクは原理的には起こることがありません。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2016年4月6日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。
ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

1 コメント - "ロードバイクのチューブレス化!知っておきたい基本知識とパンク修理"

avatar
並び替え:   新しい順 | 古い順 | 最も評価の多い
Kent

チューブレスの説明が『簡単に言えば普通の自転車と同じ構造で、チューブを使わないホイールです』?

wpDiscuz